クレジットカード現金化の失敗例を4つ紹介!その原因と対策方法を徹底解説!

クレジットカード現金化で失敗する原因と対策法を解説

『クレジットカード現金化で失敗するもことあるの?絶対にしたくない!』

クレジットカード現金化は、クレジットカードひとつで誰でも現金を手に入れることのできるとても便利な資金調達法として話題になっています。

ですが、クレジットカード現金化で失敗した人が大勢いるのも確かなのです。

どんな失敗を、なぜしてしまったのでしょうか。

ということで今回は、クレジットカード現金化の失敗例とその原因を解説していきます。

対策方法も合わせて紹介していきますので、この記事を読んでおけば失敗することはありません。

まだクレジットカード現金化を使ったことがない方、失敗するのではと不安のある方はぜひ最後まで読んでみてください。

クレジットカード現金化で失敗する原因

クレジットカード現金化で失敗する原因

クレジットカード現金化で失敗する原因は悪質業者使ったことにあります。

悪質業者というのは、詐欺まがいな行為や無理やり契約させようとしたりと、悪質な取引を行う現金化業者のことです。

現在ではその数は減っては来ていますが、まだ100%安全とまでは言えないのが現実となっております。

そのような業者がいるせいで、クレジットカード現金化に失敗してしまう・危険だと言われてしまうのです。

なので、悪質業者ではなく安全な業者を使ってさえいれば失敗してしまうこともありません。
安全な業者の選び方を解説している記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

では、もしもクレジットカード現金化で悪質業者を使ってしまうとどんな失敗をしてしまうのでしょうか。

よくある失敗例をいくつか紹介していきますので、対策方法と合わせて詳しく見ていきましょう。

クレジットカード現金化の失敗例

クレジットカード現金化の失敗例

クレジットカード現金化でよくある失敗例を4つ紹介していきます。

  1. 換金率を下げられた
  2. 入金がされない
  3. カード利用停止になった
  4. カード決済ができなかった

クレジットカード現金化では、主にこのような失敗をしているようです。

『どういうこと?』という人のために、ひとつずつ詳しく解説していきます。

1.換金率を下げられた

換金率を下げられた

『聞いていた換金率と違う!契約後に下げられていた。』

クレジットカード現金化の失敗例として、よくあるのが「換金率を下がられた」ということです。

悪質業者を使ってしまうと、契約の前と後で異なる換金率を提示してくることがあります。

90%以上の換金率であるといいつつ、実際にクレジットカード現金化をしてみると60%代だったなんてこともよくあるのです。

なので失敗しないためにも、換金率ではなく実際に入金してもらえる金額を聞いておきましょう。

優良な業者であれば、しっかりとした金額を教えてくれると思います。

反対に、教えてくれない・曖昧な回答をする業者でのクレジットカード現金化には注意をしておきましょう。

2.入金がされない

入金がされない

『入金が遅い!いつまで経っても入金がされない。』

クレジットカード現金化に必要な手続きを全て終えているのに、「入金がされない」ということがあるのです。

このような場合は、真っ先に詐欺である可能性を疑った方がいいでしょう。

クレジットカード現金化では、通常入金には30分以内~当日の間には行ってくれます。

初回の利用時には、本人確認が必要になり時間がかかる場合もありますが、数日かかることは考えにくいです。

なので、詐欺被害にあわないようにするためにも入金にかかる時間をあらかじめ確認しておきましょう。

理由もなく数日かかる・いつ入金するのかを教えてくれないという場合は、悪質業者である可能性が高いので注意してください。

3.カード利用停止になった

カード利用停止になった

『クレジットカード現金化をしたせいで、利用停止になった!』

クレジットカード現金化を利用したことが原因で、「カード利用停止になった」という事例もあります。

というのも、クレジットカード現金化は違法ではありませんがカード会社の利用規約に違反する行為だからです。

なので、クレジットカードを現金化目的で利用していることが見つかってしまうとカードは利用停止になってしまいます。

カード利用停止になれば、もちろんそのカードは使うことはできず、未払いである利用額を一括で返済するよう請求されてしまうのです。

そんなことにならないためにも、安全性の高い業者でクレジットカード現金化を行いましょう。

4.カード決済ができなかった

カード決済ができなかった

『クレジットカード現金化したいのに、カード決済ができない!』
現金化を行う為に必要となる、「カード決済ができなかった」という失敗もあるようですね。

おそらくカード決済ができないのは、カードの利用額不足によることが原因だと思います。
クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を現金に換える仕組みです。

なので、ショッピング枠の残高が現金化利用額よりも少なければクレジットカード現金化を利用することはできません。

このような失敗をしない為にも、サービスを利用する前にクレジットカードのショッピング枠の残高を把握しておきましょう。

クレジットカード現金化で失敗しないためには

クレジットカード現金化で失敗しないためには

クレジットカード現金化で失敗しないようにするためには、当社エキスパートをご利用ください。

当社では、全てのお客様に満足していただくために以下のようなクレジットカード現金化サービスを行っています。

  • 高水準での換金プランをご用意
  • 最短3分で1,000万円まで即日サポート
  • 個人情報の流出は一切なし
  • クレジットカードの安全を100%保証
  • また、クレジットカード現金化を初めて行う方であっても専門スタッフがお客様ひとり一人に丁寧に対応させていただきますので安心してご利用いただけます。

    クレジットカード現金化で失敗をしたくないという方は、当社エキスパートを利用してみてはいかがでしょうか。

    エキスパートがお客様の望むクレジットカード現金化サービスを提供できる理由

    エキスパートがお客様の望むクレジットカード現金化サービスを提供できる理由

    当社、エキスパートがこのようなサービスが行えるのには、顧問弁護士監修のもと安全な営業を行っていることが大きな要因となっています。

    顧問弁護士監修のもと営業を行うということは、お客様の安全はもちろん当社自身の安全も保障されているのです。

    クレジットカード現金化には、悪質業者が存在するように悪質な利用者も存在します。

    そのような利用者とクレジットカード現金化の取引を行い、当社自身が危険な目にあっているようではお客様に安全で満足のいくサービスは提供できません。

    顧問弁護士監修のもと営業を行うことで、当社自身の安全も守りお客様に最大限のクレジットカード現金化サービスを提供しているのです。

    クレジットカード現金化の利用を検討中の方は、当社エキスパートを利用してみてはいかがでしょうか。

    当社では、質問相談もWEBから24時間無料で受け付けていますのでご不明な点がございましたらお問い合わせください。

    エキスパートの詳細情報はこちら

    更新日:

    よく読まれている記事一覧

    Copyright© 安全・即日のクレジットカード現金化ならエキスパート | 高換金率をお約束 , 2020 All Rights Reserved.