クレジットカード現金化を疑われたときの対処法・疑われないための方法を専門スタッフが詳しく解説します!

クレジットカード現金化を疑われたときの対処法を解説

『クレジットカード現金化を疑われたときはどうすればいいの?』
『クレジットカード現金化をしても疑われない方法はあるの?』


そんな悩みを現金化のスペシャリストでエキスパート専門のスタッフである私、中川が解消していきます。
専門スタッフ 中川

クレジットカード現金化といえば、誰でも簡単に利用できる金策方法としていま話題なのですがカード会社の利用規約に違反するサービスでもあります。

なので、カード会社はクレジットカード現金化と疑わしい利用者には監視の目を光らせており違反者には罰を与えるのです。

実際に、カード会社から疑われてしまったという話もよく聞きます。

しかし、疑いをかけられたとしても対処法さえ知っていれば何の問題もありません。

ということで今回は、クレジットカード現金化を疑われてしまったときの対処法を詳しく解説していきます。

どんな罰を受けることがあるのか、そもそも疑われない方法はあるのかということについても見ていきましょう。

これからクレジットカード現金化を利用するうえで疑われたらどうしよう?という不安のある方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

クレジットカード現金化をして疑われたのはどうしてなのか?

クレジットカード現金化をして疑われたのどうして?

まずは、クレジットカード現金化をして疑われてしまうのどうしてなのか?その仕組みについて見ていきましょう。

クレジットカードの利用者の数は、年々増えており発行枚数は3億枚近くにもなります。
その中から、どのようにしてクレジットカード現金化利用者を探し出しているのでしょうか?

仕組みが分からないことには、対策のしようもありませんよね。
クレジットカード現金化を疑われてしまっても、しっかりと対処できるように仕組みを理解しておきましょう。

  1. 不正検知システムが自動で作動する
  2. カード会社から電話がかかってくる

クレジットカード現金化をして疑われてしまうのは、このような仕組みになっていたのです。
聞きなれない言葉もあるかと思いますので、詳しく解説していきます。


クレジットカード現金化はカード会社の利用規約に違反する行為なので、疑われてしまうことはあります。
ただ、法律には違反していませんのでご安心ください。その理由については以下の記事で解説していますので、合わせてご覧ください。
専門スタッフ 中川

1.不正検知システムが自動で作動する

不正検知システムが自動で作動する

カード会社は不正検知システムを使いクレジットカード現金化の疑いがある利用者に目星を付けていきます。

不正検知システムとは、過去に起きた不正利用のデータに基づいて同じような取引をする利用者を割り出すシステムのことです。

過去のデータを参考に不正利用と思われる利用者を割り出しているだけなので、最後はカード会社のスタッフが自身の目で確認仕組みになっています。

そこで、疑わしいと判断した利用者に対しカード会社は電話をかけて真相を確かめるのです。


不正検知システムは、24時間365日監視を続けています。
クレジットカード現金化だけではなく、悪用・不正利用を未然に防ぐために必要なシステムでもあるのです。
専門スタッフ 中川

2.カード会社から電話がかかってくる

カード会社から電話がかかってくる

カード会社のスタッフは疑わしい利用者に直接電話をかけて、クレジットカード現金化を行ったのかどうか確認を取ります。

カード会社からの電話にでない方が、かえって疑いを強めることになるので無視はしないでください。

もしも、電話に出れなかったときはかけ直すなど当日のうちには連絡をしておきましょう。

電話がかかってきても不自然な態度はとらず、まずは要件の確認してください。

カード会社は不正利用の可能性があるということで電話をかけてくるはずなので、自分からクレジットカード現金化のことを話すのは自白と同じことです。

電話がかかってきたらどのように対応すればいいのか、対処法を解説していきますので確認しておきましょう。


電話がきた段階では、疑いをかけられていても確証があるわけではありません。
クレジットカード現金化をして疑われたとしても、対処法を知っていれば何の問題もないということです。
専門スタッフ 中川

クレジットカード現金化をして疑われたときの対処法

クレジットカード現金化をして疑われたときの対処法

クレジットカード現金化をして疑われてしまったときの対処法を解説していきます。

これからクレジットカード現金化を利用する方でも、すでにクレジットカード現金化をしている方にも使える対処法です。

とくに効果的な2つの対処法を紹介しますので知っておいて損はありません。

  1. クレジットカード現金化を利用したことは言わない
  2. 購入した商品の詳細を覚えておく

もしも、クレジットカード現金化を疑われてしまったとしてもこの2つの対処法を知っていれば何の問題もありません。

とても簡単な方法でもありますので、ひとつずつ見ていきましょう。


万が一に備えて、しっかり準備をしていないといざというときに焦ってしまうと思います。
そうならないように、疑われてしまったときの対処法を確認しておきましょう。
専門スタッフ 中川

クレジットカード現金化を利用したことは言わない

クレジットカード現金化を利用したことは言わない

クレジットカードを現金化の目的で利用したことは、絶対に言わないでください。

疑われてしまったときは、この対処法が一番重要になるということを覚えておきましょう。

カード会社は疑いを持つことはあっても、確証を得るためには本人の証言が必要になります。

クレジットカードを現金化の目的で利用したのかどうかなんてことは、利用者本人以外に分かるわけがありませんからね。

なので、クレジットカード現金化目的で利用したことを言わないようにしておけば疑惑が確信に変わることはありません。


カード会社には商品の値段や購入した店舗が分かっても、目的や理由まで分かるわけがありません。
クレジットカード現金化を利用した確証を得るためには、利用者本人に聞くしかないのです。
専門スタッフ 中川

購入した商品の詳細を覚えておく

購入した商品の詳細を覚えておく

クレジットカード現金化目的でなかったことを証明する為にも、購入した商品の詳細は覚えておく必要があります。

カード会社は電話で、「いつ」「どこで」「なにを」「どうして」購入したのかを聞いてくるはずです。

クレジットカード現金化では、カードをお金に換えることが目的であるのでその過程で購入する商品には興味を持たないと思います。

ですが、クレジットカード現金化目的でなければ自分が購入した商品の詳細を忘れる訳がありませんよね。

カード会社もそのような点を理解して、このような質問をしてくるので購入した商品の詳細は覚えておいてください。


クレジットカード現金化を行う際に、業者に購入した商品やカード決済の名義を確認しておくといいでしょう。
なぜ購入したのかも重要になるので、友人へのプレゼントなど何か理由も考えておいてください。
専門スタッフ 中川

クレジットカード現金化をしたことが疑われやすい人

クレジットカード現金化をして疑われやすい人

クレジットカードが疑われやすい条件がありますので、どんな人が疑われやすいのか確認しておきましょう。

疑われやすいというのは、不正検知システムが作動しやすい人という意味でもあります。

不正検知システムが作動さえしなければ、クレジットカード現金化を疑われることもありません。

クレジットカード現金化を利用する際は、次のようなことに気をつけておきましょう。

  1. 高換金率の商品を購入した
  2. 支払いに延滞している

このような人が特に、クレジットカード現金化を疑われやすいということです。

どうしてなのか、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。


クレジットカード現金化を疑われやすいということは、それだけ罰を受ける可能性も高くなります。
同じミスをしてしまわないように、ご利用前にご確認ください。
専門スタッフ 中川

高換金率の商品を購入した

高換金率の商品を購入した

高換金率の商品はクレジットカード現金化に使われることが多いため、疑われる可能性は非常に高くなります。

というのも、換金率の高さがそのまま自分の利益になるので高換金率の商品を現金化に使うのは当たり前ですよね。

ですが、そんなことはカード会社の方も分かり切っていることです。

カード会社からすれば、高換金率の商品=クレジットカード現金化を真っ先に警戒すると思います。

高換金率の商品を購入する際は、疑われやすいということを覚えておきましょう。

高換金率の商品の例
  • ブランド品
  • ゲーム機
  • 金券・ギフト券
  • 家電製品
  • 新幹線の回数券

クレジットカード現金化を業者に依頼する場合は問題ありませんが、業者を使わないで自分でするのであれば注意しておきましょう。
専門スタッフ 中川

支払いを延滞している

支払いを延滞している

クレジットカードの支払いを延滞した状態での、クレジットカード現金化は疑われやすいので注意しておきましょう。

支払い期日までにお金を用意できないということは、カード会社からすれば「お金に困っている人」という認識になっています。

そのような人に対して不正検知システムが作動すれば、クレジットカード現金化の疑いが強まることになりますのでお気を付けください。

では、もしもクレジットカード現金化の疑いが確信に変わってしまうとどのような罰を受けることになるのか見ていきましょう。


カード会社から、お金に困っているという認識をされてしまうとクレジットカード現金化を常に警戒されてしまいます。
支払い方法を分割・リボ払いにするなどして、延滞はしないようにしましょう。
専門スタッフ 中川

クレジットカード現金化がバレてしまうと罰を受ける

クレジットカード現金化がバレてしまうと罰を受ける

クレジットカード現金化をしたことが疑いから確信に変わってしまうと、次のような罰を受けることになります。

  1. カードが利用停止になる
  2. 一括請求をされる

実際にこのような罰を受けてしまうと、どうなってしまうのでしょうか。

だれの身にも起こりうるトラブルなので利用前に確認しておいてください。


過去に利用停止と一括請求をされてしまった事例と対策方法の記事も合わせて紹介していきますので、不安な方はご覧ください。
専門スタッフ 中川

1.カードが利用停止になる

カードが利用停止になる

カードが利用停止になってしまうと、クレジットカードの全機能が使えなくなります。

これまで、様々な支払いをクレジットカードで行っていた人にとっては不便なことばかりになるでしょう。

複数枚所持している方は、利用停止になるのはクレジットカード現金化に利用した一枚だけですのでその点はご安心ください。

これまで家賃や携帯料金をクレジットカードで支払っていたなら、変更の手続きが必要になり無駄な手間が増えるだけなので気をつけておきましょう。


クレジットカード現金化をして利用停止になってしまった事例をもとに解決策を解説している記事もありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。
専門スタッフ 中川

2.一括請求をされる

一括請求される

一括請求をされてしまうと、クレジットカードの未払いになっている利用額を一括で返さなければならなくなります。

お金が必要だというときに、お金を払わなければいけない状況になってしまってはクレジットカード現金化をする意味もありませんよね。

カード会社によっては、素直に話せば一括ではなく分割にしてもらえることもありますがあまり期待しない方がいいでしょう。


クレジットカード現金化を利用して一括請求をされてしまった事例をもとに対策方法などを解説している記事がありますので、不安な方はご確認ください。
専門スタッフ 中川

クレジットカード現金化をしても疑われない方法

クレジットカード現金化をしても疑われない方法

今回は、クレジットカード現金化をして疑われてしまう仕組みや対処法を解説してきました。

思っていたよりも、疑われたときの対処法は簡単だったのではないでしょうか。

とはいえ、クレジットカード現金化を利用しても疑われないことが一番ですよね。

カード会社から疑われないで安全にクレジットカード現金化をしたい方は、エキスパートを利用してみてはいかがでしょうか。

当社は顧問弁護士に監修を依頼することで、違法性のない安全なクレジットカード現金化を利用できる店舗なのです。

すべてのお客様に満足して頂くために、他社様以上の換金率とカードの安全を100%保証することをお約束致します。


当社エキスパートをご利用になったお客様が、万が一クレジットカード現金化を疑われるようなことがあればサポート致しますのでご安心ください。
専門スタッフ 中川

その他、当社の行うクレジットカード現金化サービスの詳細情報につきまして以下よりご確認いただけます。

何かご不明な点がございましたら質問相談を24時間無料で受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。

エキスパートの無料相談・見積りはこちら

更新日:

よく読まれている記事一覧

Copyright© 安全・即日のクレジットカード現金化ならエキスパート | 高換金率をお約束 , 2020 All Rights Reserved.